ヘミシンクとは

ヘミシンク音を解析 ノイズの正体は

投稿日:

ヘミシンクCDのなかには、聞いているとシャーというような小さいノイズが聞こえるものがあります。

ヘミシンクは、当初はカセットテープで発売されていましたので、これをヒスノイズ(テープ特有のサーという高周波を含むノイズ)と思っていた人も多いようです。

ヘッドホンで聞く男性

CD化されても同じように聞こえるので、ヘミシンクには多くの質問もあったように聞いています。また、ノイズが邪魔なので、除去して欲しいというクレームというか要求もあったそうです。

ピンクノイズはヘミシンク音の一部

実はこのノイズは、ヘミシンクが意図的に作成したものです。
バイノーラルビートにピンクノイズ音をかぶせています。ヘミシンクでは、これをヘミシンク音と呼んでいます。

ピンクノイズとは、1/fノイズとも呼ばれていて、周波数が高くなるのに反比例して、パワーが小さくなるノイズのことをいいます。一方で、どの周波数もおなじような大きさのノイズをホワイトノイズといいます。

ヘミシンク音を周波数解析してみる

このことは、実際にヘミシンク製品を周波数解析してみるとよくわかります。

下の画像は、Hemi-sync Human Plus リラックスの音(12分頃:右チャンネル)を周波数解析したものです。

ヘミシンク音の周波数解析

全体にピンクノイズがかけられています。
突き出ているところ3箇所が、バイノーラルビートになります。
(ちなみに左チャンネルでは、バイノーラルビートが周波数が4Hzほどずれたポイントにあらわれます)

ピンクノイズの目的

では、なぜヘミシンクはこのようにバイノーラルビートにピンクノイズ音をかぶせているのでしょうか?

それについてヘミシンクでは次のように言っています。

「ピンクノイズはヘミシンク音のパターンを知覚する作用を拡大するものです。一部のヘミシンク製品においては重要な役割を果たしています」
hemi-syc.com「listening tips」より

つまり、単なるバイノーラルビートよりもピンクノイズをかぶせた方が効果が高いというわけです。

ピンクノイズが含まれる製品

ヘミシンクでは、看板のゲートウェイ・エクスペリエンス(Gateway Experience)をはじめ、メタミュージック系を除く、多くの(ほとんどの?)製品にピンクノイズが使われています。

正面からピンクノイズの使用を謳っているのは、睡眠系のCDです。
ヘミシンクで熟睡(Sleep Deeply)
ヘミシンクで熟睡(Sleep Deeply)

ヘミシンク・ナップ(Hemi-Sync Nap)
ヘミシンク・ナップ(Hemi-Sync Nap)

-ヘミシンクとは
-

執筆者:

関連記事

ヘミシンクとは

ヘミシンクというwikiから引用しようと思いましたが、なかったので自分でなるべくニュートラルな立場で書いてみました。 目次 ヘミシンクとはヘミシンクの手法は、バイノーラルビートバイノーラルビートは、他 …

ヘミシンクとインサイトCDを比較する

ヘミシンクとホロシンク、ブレインシンク、インサイトCD 世界的に見れば、ヘミシンクのライバルはホロシンクです。 (ホロシンクの創始者ビル・ハリスは有名人で、あのダライ・ラマ14世たちと一緒に「賢者の言 …

こんにちは。管理人の「はいぺりおん」です。

ふだんは普通のサラリーマン–霊感なんかも感じない方だけど、予知夢で見たまま、初めて馬券を買って大当たりしたこと、おじさんが亡くなったとき夢に出てきたりしたことがあります。人間の持つ不思議な力の存在をもっと知りたいと思っています。

ヘミシンクをはじめ、いろんな潜在能力を開発するグッズを揃えてますので、成果などをこのサイトでお知らせできたら嬉しいです。

*このサイトのプライバシーポリシーは次の通りです。

Powerd by 似顔絵イラストメーカー