メタミュージック

シャーマニズム音楽のヘミシンク

投稿日:

ヘミシンクのメタミュージックCDでは、世界のいろんな地域のシャーマン(シャーマニズム)音楽にインスパイアされた作品が多数あります。とくに北米のネイティブ・アメリカン・フルートやバッファロードラムとか、オーストラリア・アポリジニのディジェリドゥーといった楽器を使ったものが目立ちます。

シャーマンズ・ハート

シャーマニズムでは、シャーマンが儀式の中で、音楽のリズムにのりながら、トランス状態(変性意識状態)になり、神や精霊と交信します。シャーマンの音楽には、人をトランス状態にする力があるのかもしれません。

加えて、ヘミシンク周波数との相性という点でも、例えばクラシック音楽などと比べても合っていると思われます。

あなたも、ヘミシンクで気に入ったシャーマニズム音楽が見つかれば、それを聞きながら瞑想されてみてはいかがでしょうか。含まれるヘミシンク周波数も瞑想用のものです。

シャーマニズム音楽のヘミシンク

シャーマン系のメタミュージックCDを新しい順に紹介します。
これらは、すべてSpotfyで無料でも聞くことが出来ます。
ただし、無料の場合は圧縮レートの関係で、ヘミシンク周波数(バイノーラルビート)の効果はあまり期待できません。
(★印は管理人おすすめです)

エンター・ザ・ハイブ

エンター・ザ・ハイブ(Enter the Hive)2021年
作曲演奏:ニメトゥ(Nimetu)~本名アンドレイ・フルヴァティン、スロベニア出身のミュージシャン

ザ・ウィンズ・オブ・スピリット

ザ・ウィンズ・オブ・スピリット(The Winds of Spirit)スピリットの風 2021年
作曲演奏:バイロン・メトカルフ(Byron Metcalf)、マーク・シーリグ(Mark Seelig)

ヒーローズ・ジャーニー

ヒーローズ・ジャーニー(Hero’s Journey)英雄の旅 2019年
作曲演奏:ニメトゥ(Nimetu)~本名アンドレイ・フルヴァティン

パーシステント・ビジョン

パーシステント・ビジョン(Persistent Visions)永久の光景 2019年
作曲演奏:バイロン・メトカルフ(Byron Metcalf)、マーク・シーリグ(Mark Seelig)

メディスン・ワーク

メディスン・ワーク(Medicine Work)癒しの医術 2015
作曲演奏:バイロン・メトカルフ(Byron Metcalf)、ロブ・トーマス(Rob Thomas)

ザ・シャーマンズ・ハート II

ザ・シャーマンズ・ハート II(The Shaman’s Heart II)2014年
作曲演奏:バイロン・メトカルフ(Byron Metcalf)

マーヤン・ウィンズ ★

マーヤン・ウィンズ(Mayan Winds)マヤの風 2011年
作曲演奏:サンダービート(ThunderBeat)

ディメンションズ・イン・タイム

ディメンションズ・イン・タイム(Dimensions in Time) 2010年
作曲演奏:デボラ・マーティン(Deborah Martin)、エリク・ウォロー Erik Wøllo

エジプシャン・サン

エジプシャン・サン(Egyptian Sun)エジプトの太陽 2009年
作曲演奏:サンダービート(ThunderBeat)

フローwith Hemi-Sync

フローwith Hemi-Sync (Flow with Hemi-Sync) 2008年
作曲演奏:ジョン・ジェンキンス(John Jenkins)

ディープ・タイム・ドリーミング

ディープ・タイム・ドリーミング(Deep Time Dreaming) 2007年
作曲演奏:バイロン・メトカルフ(Byron Metcalf)、マーク・シーリグ(Mark Seelig)

ザ・ドリーミング・ゲート

ザ・ドリーミング・ゲート(The Dreaming Gate)夢の扉 2006年
作曲演奏:インラケチ(Inlakesh)、ロブ・トーマス、タニア・ジェラード

スピリット・ギャザリング

スピリット・ギャザリング(Spirit Gathering) 2006年
作曲演奏:バイロン・メトカルフ(Byron Metcalf)

ビジョン・クエスト ★

ビジョン・クエスト(Vision Quest) 2006年
演奏:キーラン・デベニエロ(Kieran DeVerniero)

ザ・シャーマンズ・ハート ★

ザ・シャーマンズ・ハート(The Shaman’s Heart) 2005年
作曲演奏:バイロン・メトカルフ(Byron Metcalf)

シャーマンズ・ハート

ビトゥウィーン・ワールズ ★

ビトゥウィーン・ワールズ(Between Worlds)世界の合間に 2005年
作曲演奏:ドン・ペヨーテ(Don Peyote)、ナアスコ(Naasko)

トライバル・ジャーニーズ

トライバル・ジャーニーズ(Tribal Journeys) 2002年
作曲演奏:ウィリアム・ホイッテン(William Whitten)

バイロン・メトカルフについて

上のリストでお分かりのように、圧倒的に多くシャーマニズム楽曲を提供しているのが、バイロン・メトカルフ博士です。
20年以上にわたって変性意識状態の研究を行っており、そのなかで世界各地のシャーマン、ヒーラー、サイコ・スピリチュアル専門家たちの調査を行っています。

まとめ

音の力で、変性意識状態になって、神や霊魂など上位存在と交信する~シャーマニズムとヘミシンクの世界観は極めて近いようです。ヘミシンクにシャーマニズム音楽作品が揃っているのも頷けます。

ヘミシンク製品の購入は
↓ ↓ ↓
Crescent Mirror

-メタミュージック
-

執筆者:

関連記事

「バロックガーデン」はバイノーラルビートが耳障り?

ヘミシンク 「バロックガーデン(Baroque Garden)」は、1997年の発売から20年以上経っても、人気のメタミュージックCDです。 構成は、アーカンジェロ室内アンサンブルが演奏するバッハ、ヴ …

「Waves of Love with hemisync」人気のメタミュージック

「Waves of Love with hemisync」を聞いてみました。 「Waves of Love with hemisync」は、ヘミシンクのメタミュージックCDのなかでも、もっとも人気のあ …

クラシック音楽のヘミシンク おすすめの4枚

音楽は好きだけど、ヘミシンクに多いニューエイジ系の電子音楽は苦手というお話を聞くことがあります。そんな方には、ヘミシンクにもクラシック音楽をベースにしたメタミュージックCDもあります。 クラシック音楽 …

インディゴ

集中力アップに『インディゴ』の効果・口コミ

音楽を流しながら勉強や仕事をする方が能率が上がるという人に、おすすめの1枚は『インディゴ』です。 J.S.エパーソン制作の電子音楽に、スーパーラーニング用ブレインフード『コンセントレーション』のヘミシ …

アインシュタインの夢

「アインシュタインズ・ドリーム」の効果・口コミ

「Einstein’s Dream(『アインシュタインズ・ドリーム』 『アインシュタインの夢』」は、20世紀最大の科学者 アインシュタインが愛したモーツァルトの曲「2台のピアノのためのソナ …

SAB Quest 2

SAB Quest 2 リラックス
脳波誘導と左右の脳のシンクロを行う音源(CD)です。ヘミシンクとインサイトのいいとこ取り? 36分間版の無償サンプル提供中ですので、ご自分の耳で、脳でご確認してみてください。
『SAB Quest 2』の詳細はこちら

こんにちは。管理人の「はいぺりおん」です。

ふだんは普通のサラリーマン–霊感なんかも感じない方だけど、予知夢で見たまま、初めて馬券を買って大当たりしたこと、おじさんが亡くなったとき夢に出てきたりしたことがあります。人間の持つ不思議な力の存在をもっと知りたいと思っています。

ヘミシンクをはじめ、いろんな潜在能力を開発するグッズを揃えてますので、成果などをこのサイトでお知らせできたら嬉しいです。

*お問い合わせは、メールフォームからお願いします。

*このサイトのプライバシーポリシーは次の通りです。

Powerd by 似顔絵イラストメーカー

ヘミシンク公式ページから無料DLしてみた

ヘミシンクの公式サイトでは、名前やメールアドレスを登録すれば、"The Way of Hemi-sync" (...

ヘミシンクの危険性を考える 7つのポイント

ヘミシンクのCDでは、「体外離脱」「死後の世界」「臨死体験」「前世を思い出す」などを謳っているため、危ないもの...

『ヘミシンク 効果なし』の3つの理由

「ヘミシンクをやってみたけど効果がなかったよ」という感想を聞くことがありますが、実際どうなのか、どうすれば効果...

レゾナント・チューニング 正しく共鳴させるために

ヘミシンクの「ゲートウェイ・エクスペリエンス」を聞いていて、難しく感じるのは「レゾナント・チューニング(Res...

バイノーラルビートによる脳波誘導

ヘミシンクの脳波誘導の中心技術であるバイノーラルビートについて、詳しく説明します。実際に音で聞いて、バイノーラ...

「Hemi-Syncによる具現化」の感想と周波数解...

たとえば、あなたが 「理想の恋愛をしたい」 「希望の職業に就きたい」 「お金持ちになりたい」 「病気を克服した...

ヘミシンクで自分の前世を知る

体外離脱=肉体と霊魂の分離、死後の世界を追求しているヘミシンクでは、当然のことながら「人は死んでもまた別の人に...

体外離脱体験した話 ロバート・モンローの場合

ヘミシンク開発者で、モンロー協会の創設者ロバート・モンローは、きっかけとなった彼の体外離脱体験について詳細に語...

「体外離脱と明晰夢に導くための強化信号」を再現して...

ヘミシンクの6枚組CD「体外への旅― サポート用Hemi-Syncシリーズ」のDisc6に含まれていた「体外離...

ヘミシンクとは

ヘミシンクというwikiから引用しようと思いましたが、なかったので自分でなるべくニュートラルな立場で書いてみま...