ヘミシンク以外のCD

『ホロシンク Awakening Prologue』CDをレビュー

投稿日:

日本ではあまり知られていませんが、世界的に見れば、ヘミシンクと並ぶバイノーラルビートを使った潜在能力開発CDと言えば、ホロシンクです。

今回はホロシンクの入門編「Awakening Prologue」CD 3枚組のレビューを書いてみたいと思います。

ホロシンク(Holosync)について

ホロシンクは、Centerpointe Research Institute が、制作・販売しています、

Centerpointe Research Institute の創始者はビル・ハリスという人物です。

ビル・ハリスは世界的セラピストとして有名で、2011年に日本語版が出された「賢者の言葉」という本にもダライ・ラマ法王14世達とともにスピーカーとして登場しています。

その本によれば、ホロシンクの利用者は当時で全世界192カ国100万人に及んでいるそうです。そして現在では、利用者が193カ国200万人に上っています。

ホロシンク(Holosync) Awakening Prologue の概要

入門編「Awakening Prologue 」は3枚組のCD(またはmp3ダウンロード版)セットです。

内訳は
CD1 イントロダクション ビル・ハリスのお話 68分
CD2 トラック1”Dive” 30分、トラック2”Immersion” 30分
CD3 トラック1”Quietude” 30分-アルファ波、トラック2”Oasis” 32分 シータ波 (ボーナス・サウンドトラック)

つまり、ホロシンクプログラムの内容になっているのは、CD2のみです。

価格は、CD版で179USドル、mp3版でも159USドル と高額です。
日本のAmazonで買おうとしても、古い中古で18,000円以上もします。(2022年3月現在)

Amazonのぼったくり中古価格はともかく、CD3枚(メインとなる内容は1枚だけ)がなんでこんなに高いのか、その理由は後に述べるカスタマーサポートにあります。

ホロシンク “Dive” の内容

ホロシンクプログラムを始める人は、先ずトラック1”Dive”だけを14日間毎日聞くことになります。トラック2を聞いてはいけません。

トラック1”Dive” で聞こえるのは、柔らかい雨音と数種類のベル(チベタンベル?)の響きです。

もちろんバイノーラルビートも入っています。

バイノーラルビートは、10Hz前後(アルファ波)から始まって、次第に8Hz→7Hz→6Hz→5Hzと下がっていき、残り数分で2Hz(デルタ波)に到達するようになっています。

■1分23秒頃 左:149Hz、右:139Hz → 10Hz

■8分51秒頃 左:147Hz、右:140Hz → 7Hz

■8分51秒頃 左:143Hz、右:140Hz → 3Hz

ホロシンク “Immersion” の内容

ホロシンクプログラムの次の段階では、トラック1”Dive” とトラック2”Immersion”を続けて聞きます。

トラック2”Immersion”でも、聞こえる音は柔らかい雨音と数種類のベル(チベタンベル?)の響きです。

バイノーラルビートは、最初から最後まで
左:142Hz、右:140Hz(2Hzのデルタ波)
となっています。

ホロシンクでは、”Dive” →”Immersion”を最低半年は続けるように指導しています。

ホロシンクの感想

ホロシンクは、インサイトの上位互換バージョンである?

ホロシンクの “Dive”や “Immersion” を聞いて、すぐに思ったのは、今はなくなってしまったImmurama Instituteの「インサイト(Insight)」の雨音Ver によく似ているということです。

それは、次の2点にあらわれています。

1)背景の音は、雨音がベースになっている

「インサイト(Insight)」雨音Verも、ホロシンクも、背景に雨音が流れています。
雨音自体を比べると、ホロシンクの方が柔らかい音になっています。

2)脳波をアルファ波から始まって、次第に下げていく誘導プロトコル

「インサイト(Insight)」は、11Hz前後(アルファ波)から始まって、4Hz(シータ波)まで下がっていきます。

ホロシンクも同じく、アルファ波から始まって、次第に下げていくように設定されています。


ヘミシンクの場合は、両者のように、時間につれて次第に変化するようなバイノーラルビートはあまりありません。

ホロシンクの方がお勧め

このように両者は似ていますが、インサイトよりホロシンクの方が、優れており、また、より上級者向けだと考えられます。

その理由は

1)雨音がホロシンクの方がリラックスしやすい

そもそも雨音は、とくに日本人には、小川のせせらぎや波の音のような他の自然音に比べると、リラックス効果があるのかは少し疑問です。
それでも、雨音が柔らかい分、ホロシンクの方がリラックスしやすいです。

2)バイノーラルビートがインサイトははっきり聞こえるが、ホロシンクはあまり聞こえない

どちらもバイノーラルビートの音量は同じくらいなのに、技術的な差を感じます。

3)キャリア周波数はホロシンクの方が理想的

バイノーラルビートを生成しているトーンの周波数(キャリア周波数)は、インサイトが115Hz前後に対して、ホロシンクは140Hz程度です。

ジョセフ・リックライダー博士(元米国MIT電気工学科教授)の主張に従えば、140Hz前後の方がバイノーラルビートの効果は高いです。
しかも、キャリア周波数が高くなれば、聞きづらさは増すのですが、ホロシンクは見事にその問題をクリアしています。

4)インサイトはシータ波(4Hz)まで、ホロシンクはデルタ波(2Hz)まで

どちらもアルファ波(10~11Hz)から始まって、時間経過とともに脳波を下げていくようになっているのですが、インサイトはシータ波(4Hz)まで、ホロシンクはデルタ波(2Hz)までです。

ホロシンクの方が、より低い脳波を目指すもので、上級者向きです。

価格が高い理由は

上に述べているように、ホロシンクは価格が高く設定されています。
それでも世界中に200万人の利用者がいます。

その理由は、カスタマーサポートにたいへん力を入れているからです。
あなたには「折角商品を購入したのに、ほとんど使用しなかった」ということはありませんか?

ホロシンクは、「買ったら使ってもらう」ための努力を惜しみません。
「実際に使用してもらうためにあらゆる手段を尽くす」ことをモットーにしているのです。

顧客には、購入時の礼状から始まって、アフターケアの手紙を2週間ごとに半年間送り続けます。
手紙には、ホロシンクを使用する目的を再認識してもらうため、使っているうちに起こりがちな問題を解決するための内容が載っています。

それを読んで、顧客があらためてやる気になり、途中で止めないような工夫がされているわけです。

なぜ日本に広まらないのか

ホロシンクは世界193カ国200万人の利用者がいるというのに、なぜ日本に広まっていないのか?
それは、上のホロシンクのモットーが影響しているようです。
日本語でホロシンクの理念に沿ったカスタマーサポートできる体制が出来ない限りは難しいかと思われます。

ちなみに、私の知人がホロシンクに尋ねたところ、90年代の後半に一時丸紅系の会社と提携していたが、すぐに解消したとのことでした。(古い記憶のまた聞きですので、どこまで正確かは不明です)

世界で200万人が使っているホロシンクに興味がある方は、Brain Sound Quest「瞑想2」がホロシンク・プロトコルを再現していますので、試してみてはいかがでしょうか。


Brain Sound Quest「瞑想2」の詳細を見る

-ヘミシンク以外のCD
-

執筆者:

関連記事

記憶力アップ&集中力アップCD比較 【ベータ波、ガンマ波】

脳波を高めのベータ波やガンマ波に誘導することで、記憶力アップ/集中力アップを謳っているCDが数種類販売されています。 今回の記事では、それらのCDを比較し、どれが良いか検討しています。 脳波誘導系記憶 …

ブレインシンク『ブレインパワー』の感想

40Hzガンマ波に導くバイノーラルビートを体験してみよう! ヘミシンクと同様に、バイノーラルビートを使った脳波誘導CDや音源を提供しているのがブレインシンクです。 今回は、その中から『ブレインパワー』 …

『胎児退行体験』ヘミシンク + 音声ガイド の感想・レビュー

「胎児退行体験(Birth Regression)」は、ヘミシンクのモンロー研究所公認のレジデンシャル・トレーナーであるアクアヴィジョン・アカデミーのオリジナル作品です。 内容は、ヘミシンクのメタミュ …

『ドリーム・ウォーク』CDの感想と周波数解析

ヘミシンクではありませんが、同じ手法を使っているCD(ブレインシンクやホロシンクなど)のなかから、今は消滅してしまったImmrama Instituteの『ドリーム・ウォーク』CDを紹介します。 『ド …

SAB Quest 2

SAB Quest 2 リラックス
脳波誘導と左右の脳のシンクロを行う音源(CD)です。ヘミシンクとインサイトのいいとこ取り? 36分間版の無償サンプル提供中ですので、ご自分の耳で、脳でご確認してみてください。
『SAB Quest 2』の詳細はこちら

こんにちは。管理人の「はいぺりおん」です。

ふだんは普通のサラリーマン–霊感なんかも感じない方だけど、予知夢で見たまま、初めて馬券を買って大当たりしたこと、おじさんが亡くなったとき夢に出てきたりしたことがあります。人間の持つ不思議な力の存在をもっと知りたいと思っています。

ヘミシンクをはじめ、いろんな潜在能力を開発するグッズを揃えてますので、成果などをこのサイトでお知らせできたら嬉しいです。

*お問い合わせは、メールフォームからお願いします。

*このサイトのプライバシーポリシーは次の通りです。

Powerd by 似顔絵イラストメーカー

ヘミシンク公式ページから無料DLしてみた

ヘミシンクの公式サイトでは、名前やメールアドレスを登録すれば、"The Way of Hemi-sync" (...

ヘミシンクの危険性を考える 7つのポイント

ヘミシンクのCDでは、「体外離脱」「死後の世界」「臨死体験」「前世を思い出す」などを謳っているため、危ないもの...

『ヘミシンク 効果なし』の3つの理由

「ヘミシンクをやってみたけど効果がなかったよ」という感想を聞くことがありますが、実際どうなのか、どうすれば効果...

レゾナント・チューニング 正しく共鳴させるために

ヘミシンクの「ゲートウェイ・エクスペリエンス」を聞いていて、難しく感じるのは「レゾナント・チューニング(Res...

バイノーラルビートによる脳波誘導

ヘミシンクの脳波誘導の中心技術であるバイノーラルビートについて、詳しく説明します。実際に音で聞いて、バイノーラ...

「Hemi-Syncによる具現化」の感想と周波数解...

たとえば、あなたが 「理想の恋愛をしたい」 「希望の職業に就きたい」 「お金持ちになりたい」 「病気を克服した...

ヘミシンクで自分の前世を知る

体外離脱=肉体と霊魂の分離、死後の世界を追求しているヘミシンクでは、当然のことながら「人は死んでもまた別の人に...

体外離脱体験した話 ロバート・モンローの場合

ヘミシンク開発者で、モンロー協会の創設者ロバート・モンローは、きっかけとなった彼の体外離脱体験について詳細に語...

「体外離脱と明晰夢に導くための強化信号」を再現して...

ヘミシンクの6枚組CD「体外への旅― サポート用Hemi-Syncシリーズ」のDisc6に含まれていた「体外離...

ヘミシンクとは

ヘミシンクというwikiから引用しようと思いましたが、なかったので自分でなるべくニュートラルな立場で書いてみま...