シングルタイトル ヘミシンク以外のCD

『胎児退行体験』ヘミシンク + 音声ガイド の感想・レビュー

投稿日:

「胎児退行体験(Birth Regression)」は、ヘミシンクのモンロー研究所公認のレジデンシャル・トレーナーであるアクアヴィジョン・アカデミーのオリジナル作品です。

内容は、ヘミシンクのメタミュージック「The Return(ザ・リターン)」を背景に「胎児退行体験」のための音声ガイダンスを入れたものとなっています。

『胎児退行体験』エクササイズの目的

CD『胎児退行体験』で行うエクササイズの目的は、「生命が誕生し、命が育まれた胎内へと戻って・・・(中略)…胎内の安全な感覚を取り戻し、母なる慈愛のエネルギーとの一体感を再体験する」こととされています。(冒頭のガイドより)

「The Return(ザ・リターン)」について

このCDのBGMになっている「The Return(ザ・リターン)」は、深い瞑想やリラックス、睡眠用のメタミュージックCDです。

作曲演奏は、ミカー・サディー博士。博士は他に「インナー・ジャーニー(Inner Journey)」「ザ・ジャーニー・ホーム(The Journey Home)」,「ポータル・トゥ・エタニティ(Portal to Eternity)」,「スパイラル・オブ・ライト(Spiral of Light)等の楽曲をヘミシンクに提供しています。(収録時間 46分)

『胎児退行体験』エクササイズの内容

CD『胎児退行体験』で行うエクササイズは、以下のようになっています。

1.ふたの付いた箱をイメージ

ふたの付いた箱の中にエクササイズの妨げとなる心配事や雑念などを入れて、ふたを閉めて手離す様子をイメージします。
(ゲートウェイ・エクスピリエンスなどで行うエネルギー変換ボックスに近いです)

2.エネルギーのボールを作る

生命エネルギーを集めたボールをイメージします。
エネルギーのボールを輝かせ、高い次元のエネルギーに同調させます。

→共鳴エネルギーバルーンとは少し違う感じがします。

3.アファメーション

音声ガイドに合わせて、だいたい以下のような内容のことを唱えます。
「私は私のガイドに導かれ、安全に守られています。私は再び胎内に戻ります。ガイドは優しく手助けしてくれます。胎内に戻り、母なる慈愛と1つになります」

4.リラックス

ガイドから指示される体の部位に注意を向け、リラックスさせます。

まぶた(瞳や奥の神経も)→ 眉→眉間→額→こめかみ→あご→ほほ→(中略)→腕→指先→足先→ふくらはぎ→(中略)→腹部→心臓
と、ほぼ全身をリラックスさせます。

5.胎内に戻る

ガイドがカウントダウンしていきます。
数字は年齢を示していて、過ごしてきた人生を振り返り、無意識に記憶していることを思い出します。

「50」からスタートして、「0」で胎内に戻ります。
「50」→「45」→「40」→(中略)→「20」→「19」→「18」→(中略)→「2」2歳です→「1」1歳です →「半年」→(中略)→10日→(中略)→「2」→「1」→「0」「0」「0」

6.胎内を体験する

胎内の様子を知覚を広げて感じます。

胎内の暖かさ、お母さんの心臓の音、お母さんの声など
お母さんと1つであること、お母さんから伝わってくるものを感じます。
胎内にどのように宿ったのか、何故ここに宿ったのか、生まれてきた理由を思い出します。

7.誕生

「10」から「1」までカウントダウンします。
「1」で誕生です。
覚醒した状態に戻ります。健やかに目覚めます。

新たな命の誕生です。おめでとう!お帰りなさい!

感想・レビュー

ヘミシンクのマインドフードのように専用のヘミシンク周波数が流れるわけではありません。慣れないとリラックスが不十分な感じがしますし、ガイダンスの進行が早すぎると感じるようです。

従って、ヘミシンクのゲートウェイ・エクスピリエンスやマインドフードでのエクササイズに慣れてから、この『胎児退行体験』エクササイズを行うのが良いように思います。

それより根本的な問題は、現実とのギャップではないでしょうか。

ヘミシンクは「体外離脱体験」「死後の世界」「過去世(前世)」などの虚構(フィクション)を実際にあるものだと主張しています。しかし、これらは確かめようがないので、懐疑的な考えとは意見の並行線を保っていられるわけです。

ところが、胎内での体験は現実の体験です。
すると、このエクササイズのなかで体験したり思い出したことが、実際には起こっていなかったことが判ってしまいます。

例えば、ある人は、エクササイズ中に暗いトンネルを通って光輝く世界に出てきた様子が見えたそうですが、その人は帝王切開で生まれていました。

また別の人は、エクササイズ中にある香りを感じましたので、母親に聞いてみましたが、まったくそんなことはなかったと全否定されたそうです。

このエクササイズで体験したことが妄想なら、ヘミシンクのエクササイズで「体外離脱」「死後の世界」「過去世(前世)」体験しても妄想ということにならないでしょうかねぇ?

ただ、このCD、人によっては、数あるヘミシンクCDのなかでも癒しの効果が高いという人もいます。

-シングルタイトル, ヘミシンク以外のCD
-

執筆者:

関連記事

『Hemi-Syncによる成功の創出』の感想

あなたが人生で成功し、幸せに過ごすための方法を習得するCDに『Hemi-Syncによる成功の創出』(Creating Success with Hemi-Sync)があります。 作者は『落ち込みと不安 …

内なるガイドとつながる

「内なるガイドにつながる」 感想・口コミ

ヘミシンク「内なるガイドにつながる(Connecting with Your Inner Guides)」は、某有名ネットショップでは売れ筋1位となっているなど大変人気のあるシングルタイトルCDです。 …

『ディープ10リラクゼーション』の感想と周波数解析

あなたがストレスに悩まされていたり、心配ごとがあって、上手に眠れないのなら、ヘミシンク『ディープ10リラクゼーション』CDを試してみてはいかがでしょうか。 ヘミシンクには、快眠のためのCDは沢山ありま …

『内なるヒーラー』の感想と周波数分析

ヘミシンク『内なるヒーラー』は、自分の感情を癒すためのCDです。 内なるヒーラーと出会い、つながり、感情のヒーリングを行います。 制作は、 『内なるガイドにつながる』『Hemi-Syncによる過去世( …

ヘミシンクでダイエットの効果は微妙?

ヘミシンクには、願望実現のために自己変革をサポートするCDもいくつか発売されています。 たとえば、「ヘミシンクでダイエット(Weight Loss with Hemi-Sync)」もその1つです。この …

SAB Quest 2

SAB Quest 2 リラックス
脳波誘導と左右の脳のシンクロを行う音源(CD)です。ヘミシンクとインサイトのいいとこ取り? 36分間版の無償サンプル提供中ですので、ご自分の耳で、脳でご確認してみてください。
『SAB Quest 2』の詳細はこちら

こんにちは。管理人の「はいぺりおん」です。

ふだんは普通のサラリーマン–霊感なんかも感じない方だけど、予知夢で見たまま、初めて馬券を買って大当たりしたこと、おじさんが亡くなったとき夢に出てきたりしたことがあります。人間の持つ不思議な力の存在をもっと知りたいと思っています。

ヘミシンクをはじめ、いろんな潜在能力を開発するグッズを揃えてますので、成果などをこのサイトでお知らせできたら嬉しいです。

*お問い合わせは、メールフォームからお願いします。

*このサイトのプライバシーポリシーは次の通りです。

Powerd by 似顔絵イラストメーカー

ヘミシンク公式ページから無料DLしてみた

ヘミシンクの公式サイトでは、名前やメールアドレスを登録すれば、"The Way of Hemi-sync" (...

『ヘミシンク 効果なし』の3つの理由

「ヘミシンクをやってみたけど効果がなかったよ」という感想を聞くことがありますが、実際どうなのか、どうすれば効果...

ヘミシンクの危険性を考える 7つのポイント

ヘミシンクのCDでは、「体外離脱」「死後の世界」「臨死体験」「前世を思い出す」などを謳っているため、危ないもの...

ヘミシンクで安眠 おすすめベスト3

単品のヘミシンクでは、深い眠り(安眠)に誘うことを謳ったCDが人気があります。 これらは、私たちが眠って...

「体外離脱と明晰夢に導くための強化信号」を再現して...

ヘミシンクの6枚組CD「体外への旅― サポート用Hemi-Syncシリーズ」のDisc6に含まれていた「体外離...

ヘミシンク音を解析 ノイズの正体は

ヘミシンクCDのなかには、聞いているとシャーというような小さいノイズが聞こえるものがあります。 ヘミシン...

レゾナント・チューニング 正しく共鳴させるために

ヘミシンクの「ゲートウェイ・エクスペリエンス」を聞いていて、難しく感じるのは「レゾナント・チューニング(Res...

初心者におすすめのヘミシンクは

読者の方から時々、「はじめてヘミシンクをやってみたいが、沢山あり過ぎて迷ってしまう。どれを選んだら良いか?」と...

ヘミシンクCDの聞き方・使い方

ヘミシンクを効果的に聞くための注意点を公式ページ(英語)やフォーラムからまとめてみました。ヘミシンクを安全に使...

ヘミシンクで自分の前世を知る

体外離脱=肉体と霊魂の分離、死後の世界を追求しているヘミシンクでは、当然のことながら「人は死んでもまた別の人に...